株式会社プレシャスコーポレーション

不動産の売却・相続なら大阪市東成区の株式会社プレシャスコーポレーション

  • 0120-981-110
  • 無料ご相談・資料請求
ホームインフォメーション > 「大阪発かにの町行きご一行」2018前篇
インフォメーション

「大阪発かにの町行きご一行」2018前篇

2016年や2017年のように、予告はさせて頂きませんでしたが、今年もタイトル通り行ってまいり

ましたので、是非、最後までご閲覧下さい。実は、昨年なんかは特にそうだったのですが、

いつも現地で写真を撮りながら、こんなことを書こうかなと考えていましたので、会社に戻って

この旅行のブログを書いたりするのは、それほど時間はかからなかったりしましたが、今年は

なんでもいいから片っ端から写真を撮って、作成段階で考えればいいと

開き直りながら旅行をしていましたので、自分でもこの「大阪発かにの町行きご一行」

なるブログが果たしてどのような結末をもって終わるのかが全くわかりません。

それゆえ昨年までの「弊社毎年恒例のかに旅行」というタイトルも改めさせて頂きました。

また、前回のブログの最後にもお伝えしましたが、現在弊社ホームページは

リニューアル作業中で、そのため過去ブログには直ぐにさかのぼれなくなっています。

昨年までのブログが気になる方はよろしければグーグル検索窓から

【プレシャスコーポレーション かに】で検索してみてください。

とにかく、こんなことがあった、あんなことがあったというようなブログとは

一味も二味も違うものを書いていきたいと意気込んではいますので、

是非最後まで見て行って下されば、とてもうれしいです。

✿✿✿✿  ✿✿✿✿  ✿✿✿✿  ✿✿✿✿

 もう20日ほどで古い年は去り、新しい年が来る、そんな時期に

毎年弊社は蟹旅行という呼称を使いながら蟹を食べ、温泉につかりに行きます。

行先は毎年京丹後地方です。夕日が浦温泉という町です。その町には何軒も温泉旅館が

集まっていますが、夕ご飯には豪華な蟹料理が並べられるところが共通しています。

また、当たり前のことかもしれませんが、夕日が浦温泉という元湯を使用する

権利なようなものをそこに集まる旅館すべてが分け合っているのでしょう。

そして、そのなかで、各旅館が各々様々な創意工夫をして新規客やリピーター客の獲得に

努力をしているように窺えてしまうのも、あながち間違いなようには思えません。

そして、その地域はどんな所かといえば、毎年書かせて頂いておりますが、レーベルに

例えるならブルーノートというよりリバーサイド、またプレーヤーに例えるなら同じ

テナー奏者ですが、くっきりはきはきと吹くコルトレーンというよりふわふわふんわりと

吹くモブレーといえば、その手の愛好家には簡単にご納得頂けると思います(一体何の話ですか)。

要するに、ライブ感溢れる都会の生活で疲弊した心と体を同時に癒すには最適な地域

のひとつと思います。

さらに付言すれば、話が進んでしまいますが、帰りの車中にて、同行して頂いた

同業姉妹会社の一流敏腕営業マンが思わず「このまま、仕事しなくてよかったらなあ」と

大きな声で言ったのを私は返事はしなかったのですが、全く同感の思いでした。まあ、それほど

現実生活からかい離できる場所ではないかと思います。いうなれば、登山旅行のように。

 

 

screenshot_20181208_181146screenshot_20181208_181243

行先最初に寄ったサービスエリアです。昨年は快晴でしたが、今年は曇天の小雨模様です。

screenshot_20181209_193440

お昼をエリア内で頂きました。サービスエリア内の食事の味についてはどのような

評判があるのか知らないですが、こちらのご飯はほんとうにおいしいです。私はかつ丼を頂きました。

 

screenshot_20181208_181414

サービスエリアから離れ車中から。

screenshot_20181208_181438

雨も車窓を叩き出しました。

無事に、宿つけるのかとの御心配の向きもあるでしょうが、この日は

平成30年12月4日記録的暖冬の日です。

 

 

 

いつもながら帰社時間が迫ってまいりました。パソコンの電源を落とさなければ

なりません。次回できるだけ早く掲載しますので。乞うご期待下さい。また、

字数多くて申し訳ないですが、いろいろ考えながら書いておりますので読んで頂ければ。(n)

 

 

 

 

©COPYRIGHT PRECUOUS CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.